黄斑変性症の主な症状は?

 

黄斑変性症の基本的な症状としては、やはり視界の中心部のみ歪んで見える、というものです。
加齢黄斑変性症は文字通り目の中心部分にある黄斑部分に異常が発生する病気になります。

 

もしもこの病気を発症してしまった場合には、視界はどのようになっているのでしょう。
視界の中心部分に暗い部分ができてしまったり、中心部分だけが歪んで見えるようになります。

 

では、この黄斑変性症かどうかを判断するには、どうすれば良いのでしょうか?
この黄斑変性症かどうかのチェックというのは自宅でも手軽に行うことができます。

 

その検査法がアムスラー検査になります。
アムスラーチャート用紙を使用して、縦や横に網目状に引かれている直線をチェックしていきます。

 

アムスラーチャート用紙を使用している場合において歪みが確認される場合、この場合にはアムスラーチャートといったような直線を使用すれば自分の目の状態を正確に把握することができるようになります。
自宅でも行うことができる簡易検査方法ですので、不安なのであれば一度確認をしてみてはどうでしょうか?

 

普段の生活の中で目に違和感を感じるような場合には、アムスラーチャート用紙をしっかりと活用してみることで、早期に目の異常を発見することができるはずですよ。

更新履歴